So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニー ビデオカメラ HDR-PJ675 購入 [家電]

最近自転車の練習を始めた子供、そして運動会のためビデオカメラを購入することにしました。今までは動画デジタルカメラで撮っていました。
デジカメでも案外綺麗な動画が獲れていたので不満は特になかったのですが、運動会で遠く離れた被写体とか自分が動きながら自転車の練習などを撮るといった使い方になると手振れ補正があった方がいいと思ったからです。
手振れ補正が強力なモデルといえばソニーの空間光学手ブレ補正一択でした。あのレンズがグイグイ動くのを実際に店舗で見て決めました。
4Kなどこれから主流になるであろうビデオカメラもありますが、テレビも対応していないし、ハイビジョンでも十分綺麗だし、実際4Kの映像をこの先何十年後かに観てもあまり味気がないような気がして(ある程度粗い画質のが味気があるような)そこまで画質は気にするものではなかったです。
CX675とPJ675の違いはプロジェクターの有り無しですが、プロジェクターはおまけのつもりでこちらの機種を選びました。
プロジェクターなしのHDR-CX675はこちら。


開封。HDMIケーブルも付いてます。 DSC_0083.JPG

三菱電機 冷蔵庫 MR-B46Zを購入! [家電]

ついに!冷蔵庫を導入。

きっかけは、今まで165Lの冷蔵庫を使用していたのですが、夫婦二人ならまだしも子供も幼稚園に行くようになり お弁当などを持っていくようになったため、元々手狭だった冷蔵庫がどうにもならなくなり、嫁さんもそれがストレスだと言うので買い替えを検討するにいたりました。
候補はまず、設置場所から機種を絞りました。理由は簡単でキッチンの入り口の幅が65cmしかなく、60cm幅しか入らないだろうということで60cm幅+自動製氷付の各メーカーで機種を選定しました。念のため事前に家電量販店には現場を見てもらい60cm幅で問題ないでしょうと確認は取りました。
まずAQUAは論外。東芝も中国製で除外。シャープも身売りで様子見。と言うことで、三菱か日立かパナソニックに絞りました。この中で際立って消費電力が少なく容量の大きな三菱MR-B46Zが第一候補でしたが価格も高く次に消費電力の少なく価格も少し安い日立R-S4200Fを第二候補にしました。パナソニックもあったのですが、消費電力が幾分高い点と家中パナソニックになりそうで別メーカーがいいという思いもありました。
特徴として、三菱は省電力、自動製氷の給水経路が全て取り外して清掃出来る、容量が大きい、切れちゃう冷凍がある。
日立は消費電力と価格のバランスがいい、形が角が丸くて子供がぶつかっても安心、表面がマグネットが付く。

パナソニックは価格が安い、上段にコンプレッサーがあるためスペースが少ないが背の低い人にはデッドスペースになるのでちょうど良い、下段引き出しが全開できる。などです。

大体価格コムとヨドバシのwebで価格などを見てきましたが、冷蔵庫の買い時はモデルチェンジが各社9月以降ということで6月くらいからチェックして8月以降に安くなってきている感じがありそろそろ買おうかと思ったころにヨドバシでは在庫が少なくなり販売終了となり慌てて店舗に行くと展示品のみということで価格的には安かったのですが、嫁さんが展示品はダメということで他の量販店で同機種で探しました。
ヤマダでは在庫があるということで交渉したところポイント付きでですが、価格コムより安く購入できました。
購入価格は当時価格コムが145,000(税込)で、ヨドバシが展示品145,000(税込)ポイント10%延長保証別、ヤマダが新品140,000(税込)ポイント10%延長保証10年込(実質約127,000円!!)。いずれもリサイクル料金は別途です。
  発売当時が倍以上の価格だったので、それを考えると故障などの急ぎの買い替えでなければモデルチェンジ1~2か月前が時期的にはベストかと思います。ただあまりギリギリまで待ってしまうと今回の様な店舗に在庫がなくなったり、色も選べなくなるということもあると思います。これはメーカー限らず言えることだと思います。 いよいよ納入。運送業者の方曰く、三菱製は重くて同じ容量の他メーカーと比べると詰まっている感じといっていました。ハァハァ言いながら設置してくれた運送業者さんに感謝です。ちなみにMR-B46Zは100kg超あります。
電源コードは確か2,25mとなってますが、実際は冷蔵庫の上部からぶら下がっているので、コンセントの取付位置によっては長さが足らない可能性ありです。
DSC_0088.JPG
まず165Lの冷蔵庫から455Lへと中身を移したのですが、165Lによくこんなに入っていたなとびっくりしました。
455Lに移した後意外に空いてるスペースは少ないと思いました・・・。イヤ以前がパンパンに詰め込み過ぎだったのかな?
参考に165Lの中身から移した後の455Lの中身お見せします。
165L
DSC_0086a.jpg
455L MR-B46Z
DSC_0090a.jpg
今まで冷蔵庫自体を操作するというイメージがなかったので(電源を繋ぐだけ)、いろいろ設定ができるというのは新鮮でもありましたが、戸惑いもありました。ただ操作はシンプルなものなのでそこまで気にすることもないのかもしれません。自分はおまかせECOモードにしました。
DSC_0091.JPG
主な使用者は嫁さんなので、こちらの管理もおまかせすることにしました。まぁ快適に使ってくれると思います。
使用感はしばらく使い込んでからできればと思います。

次期モデルも販売開始!!野菜室に3色LEDを搭載。これ以外は前モデルMR-B46Zとあまり変わらないみたい。
3色LEDが必要ないという方は、前機種のMR-B46Zの在庫がなくなる前の購入した方がお得かも・・・。もしくは1年後を待ってからタイミングみての購入をお勧めします。いかんせんまだまだ新機種は高い((+_+))


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。